知っておきたい墓地の選び方

墓地の場所を選ぶ時は様々なことを考慮した上で選びましょう

墓地の場所も維持していくためには考慮する必要がある

墓地の場所も維持していくためには考慮する必要がある いつまでも生きたいと思っても、人はいつかは亡くなります。
身内がなくなったときに葬儀が終わってほっとしたのもつかの間、仏壇や墓地はどうするということで頭を悩ますことも多いでしょう。
故人が海が好きだったから海の見えるところにしようとか、景色がおおところといって安易に決めてしまうのはそのときは、故人のためによいことをしたような気がしますが、現実的ではありません。
墓地の場所というのは、家族の今後の生活を見据えたうえできめていかないと墓地はあってもだれもお墓参りすらできないという事情がおこります。
とくに、自分は都内に暮らしていて、実家のお墓が地方にあるという人は多いでしょう。
日本にはお彼岸やお盆にお墓参りをするという習慣はありますが、忙しく仕事をしていたり、自分の生活に追われている現代人にとって、お彼岸やお盆のたびに地方まで足を延ばしていくことは容易なことではないのです。
そのため、墓が荒れ果ててしまうというケースが簡単に起こってしまうのです。
ですから、今後墓地を買う予定がある場合は、家族やその孫の生活を視野にいれて決めていく必要があります。
たとえば共同墓地にするとか、散骨、などさまざまなやり方があるので、じっくりと家族で話すことが必要です。

お参りしやすい墓地の場所の選び方について

お参りしやすい墓地の場所の選び方について 墓地は親しかった故人やご先祖様が静かに眠る場所で、そこにお参りすることで心の安らぎを得られるような所が理想です。
一般的にはお盆やお彼岸等の行事に、あるいは故人の法要等の際に親類が集まってお参りするのが一般的ですが、それ以外にも月命日等に気軽に行けるような場所になるように墓地の選び方を考えてみます。
第一に交通の便の良い所であることが条件になります。
現在は交通網が発達し、車があればどこにでも行くことが出来ますが、その場合に駐車場は確保されているかが重要です。
駐車に手間取ってお参りする時間が少なくなってはせっかく尋ねてきた甲斐がありません。
まして路上駐車は論外です。
また、自分達の年齢も考える必要があります。
今は運転できても近い将来も運転が可能かどうかです。
場合によってはバス等の公共交通機関で行ける所を選びます。
次に墓地のある場所の環境です。
日当たりがよくじめじめしていない所を選びます。
お彼岸等には久しく合わないでいる親類達がお墓に集まってお掃除をしたりその後ご先祖様たちの事を話題にしながら久しぶりの再会を楽しむことが出来るような明るい所が理想です。
さらに、例えば海が好きだった人のために海が見える見晴らしの良い所に墓地を求めたとして、高齢になった時も大丈夫か、自分がお参り出来ない場合の管理はどのようにするかも考えておく必要があります。
きちんとした墓地管理者がいて代行してくれるシステムがあれば安心です。

新着情報

◎2020/1/9

墓地の所有権と使用権
の情報を更新しました。

◎2019/9/17

改葬の手順
の情報を更新しました。

◎2019/5/9

墓を放置するとどうなる?
の情報を更新しました。

◎2019/2/20

場所や駐車場も確認
の情報を更新しました。

◎2018/11/21

地方墓地の場所事情
の情報を更新しました。

◎2018/10/31

サイト公開しました

「墓地 場所」
に関連するツイート
Twitter

買)秘伝の書 鬼火 AC1 取引場所はE鯖モラタワーか墓地銀になります。よろしくお願いします。

【E鯖ツアー 夜ノアウズンブラ+紅の剣士】 -[荒れ狂う牛と僧兵たちの日常(サスール友好)] 集合場所:ムトゥーム地下墓地 アルター前 出発時間:23:15頃 討伐予定:アウズンブラ/紅の剣士 平均時間:20分 お手伝いさん/生産者さん歓迎なのだー

墓地場所もよく言えば小高い丘の上、正直にいえば舗装されてない細い山道&急激な坂道を登らないと辿り着けないとこなので健脚じゃないとお墓参りムリ ↑そもそも宗派的?お寺的?にお盆お迎えすら必須じゃない感じの説法受けているから不安がある方は諦めてもOK →

ループデッキにおいてボトムは一番回収しにくい場所なためダークネスではループするにしても墓地から撃つなら山に帰るがアーテルは無理やりどう足掻いても墓地に帰ってくれるというのは相当やばい

( ×H×)y-~~[コラム] 「戦争勝利」北にはなぜ国立墓地がないのか?:27日は6-25停戦記念日:私たちの顕忠苑護国院は自由人の献身と自由国家の可能性を象徴する場所(朝鮮日報7/18)

Copyright (C) 2018 知っておきたい墓地の選び方 . All Rights Reserved.