知っておきたい墓地の選び方

地方墓地の場所事情

地方墓地の場所事情

地方墓地の場所事情 都心では、墓地を所持する場所も困難なケースもあり、納骨堂や合祀といったスタイルで埋葬をする人も増えています。
地方では墓地事情も違い、環境やその埋葬方法も種類があり、選べる事もあり注目されています。
遠方で遠いから、その場へ移住をして近くの寺院や霊園を生前予約する人もいます。
これからのスタイルで、遺族に迷惑をかけない合祀や納骨堂も人気ですが樹木葬などもかなり人気で、
地方の方がわざわざ見に来る位です。
都心から近くて墓地の費用も安い樹木葬は、自然と一体化した豊かな場所としても人気があり、さらに安価な価格にて
提供をしているので注目されています。
そのせいか、販売するとすぐに完売してしまうほどです。
都心から電車で30分1時間以内というところであれば、観光かてらにも来る事もできるからでしょう。
また、お墓を守り続けていかなくても良いという点から、迷惑をかけない埋葬とされています。
墓石のお墓も良いですが、自然と一体化する自然葬も検討したいところです。

都市部には新設する場所が無い墓地の現状と納骨堂の社会的役割

都市部には新設する場所が無い墓地の現状と納骨堂の社会的役割 都市部では、慢性的な墓地不足が解決出来ないままに社会問題となっている一方で納骨堂で不足分を補う風潮が出来上がりつつあり、更に納骨堂は永代供養の期間を経過すれば合法的に合葬する事が出来ます。その為、納骨堂は計画的に永代供養を利用する遺族を入れ替える事が出来、年間死者数が増加し続ける2040年までの時間稼ぎには最適な葬送方法です。
しかし、納骨堂や永代供養墓も墓地と同様に場所によって初期費用が大きく異なるだけでなく、形式によっても大きく異なります。墓地は、海岸や河川との間に20m以上のスペースを確保すると共に住宅や病院などから100m以上離れていなければならない条例があり、近隣住人の承諾を得る必要がある事から新設が難しいの現実です。墓地は、地価が高く承諾得るべき住人が多い都市部では無く郊外に新設される事が多く、子世代や孫世代に変わった時点で無縁仏になってしまう事も少なくありません。その為、自分の住まいに近い永代供養墓の人気が高くなっています。

新着情報

◎2020/1/9

墓地の所有権と使用権
の情報を更新しました。

◎2019/9/17

改葬の手順
の情報を更新しました。

◎2019/5/9

墓を放置するとどうなる?
の情報を更新しました。

◎2019/2/20

場所や駐車場も確認
の情報を更新しました。

◎2018/11/21

地方墓地の場所事情
の情報を更新しました。

◎2018/10/31

サイト公開しました

「墓 地方」
に関連するツイート
Twitter

返信先:朝からジーン🥹としました🥹 私の義は今はいい人みたいに接して来ますが過去数年、自分たちが幸せならそれでいいのか、長男なのに海外移住なんてあり得ないを守れ、年末に地方の実家に帰っただけで嫁に来たのか婿にやったのかわからんとたくさん嫌なこと言われて今急にいい人ぶられても受けいられ↓

地方都市でのの需要がなくなりつつあることを石材店で働いて感じたこと(土地柄もあるので一概には言えないけど自分の住んでる地域では) 元々、高齢化が進んで子供世代は都会寄りの街などに住んでいる。 ↓ 葬式などの集まりじゃない限りには来ない。(参りなどしないからの関心が無くなる。

返信先:自然環境とエキゾチズムを売りにしてキャンプ場なども運営しているお寺なんですね。納骨堂に骨壺を並べるのか、地方都市によくある「合葬」として巨大な地下空間に遺骨を投入してまとめて供養するのか。私のような独身の団塊ジュニアが仕舞いと自分の死後のために契約しそうです。

返信先:カード集めて友達と交換とかしてたなぁ🥲 ラブベリグッズ高いけど欲しい🥺 私は地方だから行ける土俵にすら立てなかったんだけどね

地方から遡上して来て自分のも持てねえ輩には良いだろなあ

Copyright (C) 2018 知っておきたい墓地の選び方. All Rights Reserved.